競馬魂 【熱戦POGバトルロイヤル2005~2006】

このブログはPOGについてのブログです。 仲間内のPOGの熱き闘いの模様をお届けしたいと思います。 頑張りますのでよろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

エリザベス女王杯レース回顧

エリザベス女王杯(GI)
スイープトウショウ鬼脚女王


エリザベス女王杯(GI)のレース回顧です。
三連覇がかかる5歳アドマイヤグルーヴ、グランプリを制した4歳最強古馬スイープトウショウ、3歳世代代表エアメサイアと各世代のGIホースが集まり、もう一頭の秋の天皇賞馬(混合中長距離古馬GIのうちの二つを牝馬が取ってますからね・・・。古馬牝馬強いです!今年の古馬最強馬は牝馬?)ヘヴンリーロマンスがいないものの、ヤマニンアラバスタオースミハルカなど、GI未獲得組みでも力のある馬が揃い、今年の最強牝馬決定戦に相応しい好メンバーとなりました。

さて、レースですが、まずはエアグルーヴファンのココナッツFとしては、やはりアドマイヤグルーヴのことを触れておきたいです。
もちろん馬券はひたすら買い続けてましたが、最近回りから「もう終わった」とか、「次も無い」などの声がちらほらだったので、最強牝馬の仔の意地を最後に見せてくれたのは本当に嬉しかったです。
あと1走で引退らしいですが、有馬記念でも阪神牝馬でも最後の馬券を買って応援したいと思います。
4角までは、上村騎手が勝てるのでは?と思えるほどの手応えだったようです。
帰宅して、VTRを見てみると確かに近走にはなかった、凄い手応えでした。TV実況が直線で「上村洋行の夢を乗せてアドマイヤグルーヴ!」と叫んだのがよくわかりますね^^
ピーク時のアドマイヤグルーヴならば、4角抜け出したところで一気に脚を爆発させたのでしょうが、残り100mで止まってしまったらしいです。やはり、もう限界なのでしょう。
最後に素晴らしい意地を見せてくれて、応援し続けてきた側としては、スイープトウショウの豪脚と、オースミハルカの粘りとともに、感動をもらいました。
天皇賞秋はフケだったそうですが、それにしても牝馬限定戦になるとあのパドックの元気の良さはなんなんでしょうね^^明らかに様子が違うのでちょっと可愛いです。
上村騎手も「次は勝ちに行く!」と言っていた通りの騎乗を見せてくれましたし、3連覇というプレッシャー(なんせ会見をしてましたからね)もあったでしょうけれども、素晴らしい騎乗を見せてもらいました。
次走の引退レース、もちろん素晴らしい走りも期待していますが、何よりも無事にレースを終えてほしいものです。

去年のレースも現地で見ていた自分としては、オースミハルカが逃げ粘っている時も、去年のように絶対に後ろから何かが突っ込んでくる!と思っていましたが、ちょっと違いましたね。
現地で見ているとスイープトウショウの印象が強く残ってしまったのですが、よくレースを振り返ってみると去年以上にオースミハルカが勝ちを納めかけていたのが分かりました。
と言うよりも、勝っていてもおかしくない内容でしたね。
川島騎手も後続を大きく引き離すも道中でキッチリと息をいれ、後続集団はスローペースになり、完璧なレース運びでした。
去年も好騎乗だと思いましたが、今年はそれ以上に完璧でしたね。

そこに飛び込んできたのが、スイープトウショウでした。やはり、グランプリホースは伊達ではありませんでした。
なんせ、ゼンノロブロイに勝った馬ですからね。
秋の天皇賞でも、返し馬が全くできなくて準備運動なしで、5着ですから相当な力の持ち主です。
1倍台の1番人気になるかなぁ?と思っていたのですが、この人気は意外でした。
しかし、あの鬼脚は凄かったです。牝馬相手ではちょっと敵無しな感じですね。
現地で見ているとよくわかったのですが、今回は(も?)陣営が返し馬の時に工夫をしていました。本来ならば、誘導馬に引かれて本馬場入場が始まるのですが、その前に、一頭単独で馬場入りしてきました。
返し馬もきっちりできて、ゲートもすんなり入った(今年のスイープはゲートは大丈夫ですね。成長したのですかね?)時点でほとんどこの馬のレースは終わっていたのかもしれません。
年内はこれで終了とのことで、もう一度古馬や、ヘヴンリーロマンスディープインパクトとの対戦を見たかったのでちょっと残念でしたが、来年はグランプリ連覇も狙ってほしいです。

一番人気に支持されたエアメサイアでしたが、ちょっと苦しい競馬になってしまいましたね。この世代の中距離最強馬はシーザリオだと思っていたので、この人気は意外でしたがまだまだ三歳。あの内容で終わってみれば5着に来るのですから、大したものです。
今回は珍しくうるさいところも見せたので、さらに成長して、来年の牝馬戦線を盛り上げてほしいです。

ドンスターカップ
サムライハート粘り勝ち

エリザベス女王杯(GI)と同日に行われた10Rにエアグルーヴの仔サムライハート(全姉アドマイヤグルーヴ)が出走しました。
去年の今頃は、ディープインパクトよりも、この馬が評判でした。骨折により、クラシック全休という残念なことになってしまいましたが・・・
レース内容は最悪だったんじゃないでしょうか^^
向こう上面で上を向いて、口を割るほどかかってしまい、全く折り合えませんでした。
3着も厳しいかな?と思ったのですが、直線で粘りに粘っての勝利でした。
あの競馬で勝ってしまうのですから、1000万下ではレベルが違ったのでしょう。これで4戦3勝です。
ただ、このままでは上のクラスでは厳しいでしょうし、気性面が課題ですかね?
残念ながら、アドマイヤグルーヴとの姉弟対決は見ることができそうにないですが、一つ上の姉イントゥザグルーヴも故障から復活していますし、ぜひ対決を見たいです。
来年はこの馬がいなかったから三冠を取れたんだと言われるをような走りを期待しています。
スポンサーサイト
  1. 2005/11/15(火) 23:57:10|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<POG500万下特別レース回顧 | ホーム | 11/12.13 POG指名馬結果速報>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://specialpogweek.blog18.fc2.com/tb.php/74-182240a1

ココナッツF

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。